パティシエとして採用されるための就職支援

パティシエとは洋菓子店やホテル、レストランなどで洋菓子を専門に作るお仕事です。
お菓子作りが好きであることはもちろんですが、それ以上に忍耐力や体力が要求される仕事でもあります。
パティシエに採用されるためには特に必要な資格や学歴などは必要はありません。
しかし、専門学校などである程度学んでから採用されることも多いです。
実際は全くの未経験でも採用されることもあるので、専門学校が必須であるわけでもないようです。
専門学校に通うメリットは知識や技術を習得し、さまざまな商品作りに対応する力を養うことができる点です。
専門学校によって就職支援に力を入れたり、実習に力を入れたり、それぞれに特色があるので、自分に合った学校を選ぶことが重要になります。
学校には通わず店舗で修行を積む場合には必要な知識を現場で習得できるというメリットがあります。
ただし、店によっては技術や知識を習得しにくい場合もあります。
このときには自ら時間外に学んでいく姿勢も必要になります。
特別な資格は必要ないのですが、関連資格として製菓衛生士、菓子製造技能士などがあります。
取得しておくことで就職支援が有利になったり、待遇がよくなったりすることもあります。
パティシエは夢を持って就職する方が多い仕事ではありますが、労働時間も長く決して賃金の高いお仕事ではありません。
それでも自分の技術のスキルを発揮できるやりがいのある仕事であるともいえます。
根強いスイーツブームが続いているので、今後の展望は明るい仕事になるでしょう。
就職支援を希望している場合には専門学校に通うことがよい方法です。
オリジナルのお菓子を製作したり、発注どおりのお菓子を製作したときには喜びと達成感を味わうことができるのもパティシエならではでしょう。