採用とケアマネージャーと通知書について

ケアマネージャーの仕事というものは、とても立派なお仕事であり、例えば認知症の患者さんと家族、そしてお医者さんと病院などをつなぐ、つないでくれる役割を持ったお仕事となっています。
ケアマネージャーの採用については、大きな総合病院などに、このようなケアマネージャーの採用募集が出ていたり、インターネットのホームページに、採用募集のページが開かれていることがよくあります。
ケアマネージャーさんのお仕事は、上記のように、家族と医療機関、そして介護施設などをつなぐ役割などを持っており、それぞれの家庭の事情によって、しっかりとした体制が作れるように、援助をしていくことも、仕事の1つとなっています。
特に、上記のような認知症の患者さんの場合、家族の負担がとても大きく、全員が就労しており、日中、誰も認知症の患者さんをお世話することが出来ないケースなどには、短期の介護施設、日中のみの介護施設を紹介したり、または、家族に病気の方がいる場合には、病気を治すことに専念出来るように、医療機関などに、認知症の患者さんの状態を、良くしてくれるように、薬の調整などをお願いする、などの役割を家族に相談する、一緒に考えていく、などの仕事もなされています。
上記のような認知症の患者さんの場合、介護度があがると、施設などに入居をしやすくなる、ということから、このような通知書の連絡や、届け出などを手伝うことも、ケアマネージャーさんのお仕事です。
例えば、介護度があがってしまった場合には、そのような通知著を医師や、介護施設に、通知書を持って、家族体制がどのようになっているのか、などを説明などを行うケースもあります。
通知書によって、介護度などが分かり、その患者さんの生活できるレベルなどが分かるためです。