採用試験での面接時には最低限のマナーが必要

現在では多くの企業で就職活動を行う場面では、事前に書類選考を行っています。
書類選考に通過できた方が面接まで進むことができる方法ですが、せっかくのチャンスを逃さずに面接に挑むことが大切な要件になり、その中には最低限のマナーが必要とされています。
マナーを守ることができない方であれば、採用基準に満たさないと判断されてしまうので注意が必要です。
実際に最低限のマナーとして挙げられる内容では、面接時間を厳守することです。
当日に迷ってしまった場合では遅刻をしてしまう可能性も高まることから、明確に面接会場を把握していない方であれば、前もって下見をしておくと安心です。
また、最低でも5分前には会場に入ることが求められているので、15分前程度には現地に到着しているとより一層安心できます。
冬期間などの場合ではスーツの上にコート類を着用していることも多いものです。
コートは会場に入る前に脱いでおくことも必要になり、その際には裏返しにして折りたたんでおくこともマナーの一つです。
面接の室内に入る際には、案内される場合が多いものですが、必ずドアをノックして入り、丁寧にドアを閉めてから挨拶を行うことも大切です。
そのまま用意されている椅子へと移動することになりますが、椅子の横で立ったままで正式に挨拶を行って、指示を受けた際に初めて着席することも一般的なマナーです。
名刺を受け渡されるシーンもありますが、必ず起立した状態で受け取ることも基本的マナーになり、名刺はテーブルの右側の手前に並べておくことも大切なことです。
面接の終了後にはお礼と挨拶を述べることも大切になり、退室する際にもドアの前で頭を下げて挨拶を繰り返すこともマナーとしては基本的な内容です。
ドアを閉める際には後ろ手で閉めずに、必ず正面を向いて閉めることもマナーとして挙げられます。