映像関係の仕事の時給は?採用されるには?

映像関係の仕事を志す人も多いのではないでしょうか。
特にテレビは私たちに身近なこともあり、「こんな番組を作りたい」「CMを作るってすごいな」など、映像の世界に憧れる人もいると思います。
映像関係の仕事と言ってもさまざまで、テレビ番組の制作スタッフからカメラマン、アニメーターと言われるアニメの制作スタッフまで、多岐にわたっています。
応募条件はそれぞれの場所で異なりますが、画面処理なども多いので、パソコン技術やカメラの使い方などデジタル関係にある程度習熟していると、採用のときに強みとなります。
採用の門戸は意外に広く、「やる気がある方」「映像やアニメが好きな人」または「とにかく体力がある人」など、未経験でも意欲や頑張りを買ってくれるところも多いです。
色んな人に会ったりチームでの作業もあるので、採用担当者に会う際は、過去の接客業の経験やサークル活動なども伝えると好印象です。
また、職場によりますが、アニメやゲーム、ウェブコンテンツの仕事など、時間や仕事量を個人の裁量に任せてもらえると言った所もあるので、求人をよく見て、自分に合うところを探すことが先決です。
アルバイトの場合だと、地域にもよりますが時給は高めと言えます。
特に映像系の学校を出ていると時給に評価されることもあります。
「放送前の映像のテロップをチェックする」「結婚式でのビデオカメラマン」「DVDやBlu-rayの制作」など、日常では経験できないジャンルのものも多く、特に映像関係に進むことは考えていない人でも少し惹かれる内容ではないでしょうか。
また時給は高めですが、一日中パソコンを作業して目を使ったり、納期に間に合わせるため時間が長引いたり、戸外での撮影もある場合もあるので、体力をつけることも必要です。
しかし、頭で考えたことを形にすると言う仕事なので、想像力が豊かで色んなことに興味がある人には楽しく取り組める仕事だと言えます。