電気関係のテレアポの採用について

テレアポと言う仕事は、今では無くてはならない非常に重要な仕事です。
24時間対応している場合も多く、日中は仕事でなかなか電話をすることが出来ない方にとっては、非常に助かります。
テレアポと言っても扱う商品によってそのやり方は異なります。
金融関係のように、契約を取るためのテレアポだったり、商品の問い合わせ専門のテレアポだったり色々あります。
中でも、電気関連のテレアポの場合には、非常に細かな知識が必要となります。
電気関連の知識と言うのは、非常に複雑な為、長く勤務している人であってもわかりにくい部分が多数あります。
特に、配線等に関しては非常に複雑です。
しかし、そのような配線のトラブルに関する問い合わせももちろん入ってきます。
事前に、ある程度の電気の知識は研修などを通して身につけていきますので、そこで学んだ知識以上の問い合わせが入った場合には、自分の判断で曖昧なまま答えるのではなく、必ず知識のある人に相談することが非常に重要です。
曖昧なままの回答をして、後々トラブルに繋がらないようにする為の最善の方法となります。
また、電気関連のテレアポをする場合、電気の工事の日程調整と言う業務も中にはあります。
日程調整と言うと、それほど難しくはないようなイメージがありますが、実はなかなか大変なのです。
まず第一に、相手が電話に出ないと言うところからスタートします。
電話連絡は、お客様に対してもしますが、電気工事を実際に行う工事業者にもしなくてはなりません。
お客様と工事業者との板挟みになる場合が多く、精神的な負担が非常に多いのです。
その為、テレアポの採用の際には、採用側の基準として経験者を優先して採用する傾向があります。